育毛シャンプー | 抜け毛対策 | ヘアケア | フケ症


カフェコロン |総合トップ|トップページ新着情報20世紀の出来事良香生活  

皮脂の役割

育毛シャンプー 抜け毛予防 ヘアケア
皮脂の役割

育毛シャンプーは頭皮の皮脂を取りすぎずに洗うことができるシャンプーです。
育毛シャンプーの効能のように、頭皮の皮脂は過剰ではいけませんが、少なすぎてもいけないものです。
皮脂にはどのような役割があるのかを説明しましょう。

皮脂とは、皮膚の表面で脂と汗が交じり合ってできる、薄い膜のことです。
この皮脂は、肌をなめらか、かつ、つややかに見せます。
そして、皮膚から水分が必要以上に蒸発するのを防ぎます。
皮脂の成分である脂肪酸は、細菌の感染を防止します。
皮脂が少ないと、皮膚はかさかさになり、敏感肌、皮膚炎の原因になってしまします。

頭皮は体の中で一番皮脂を出す腺が多い場所です。
なんらかの原因で皮脂が過剰になると、毛穴が詰まって脱毛につながります。
皮脂は脂なので汚れや古い角質と交じり合うと毛穴を詰まらせます。それが、額や顔ならばニキビの原因となり、頭皮だと脱毛の原因にもなるのです。
健康な髪を保つには、この皮脂をうまくコントロールすることが大切です。
生活習慣を見直し、健康な体を作ることが、正常な皮脂の量を保ち、健康な髪を作ることにつながるのです。
また、過剰なシャンプーは、皮脂を取りすぎて、それを補おうと過剰な皮脂の分泌にもつながります。
皮脂を取りすぎないように気をつけた洗髪も、心がけてください。
育毛シャンプーを使って、頭皮の状態を健康にしておく必要があるのです。
年齢によっても皮脂の分泌量は変わります。
自分の肌の状態を把握し、その状態に合った育毛シャンプーを使い、健康な頭皮を保ってください。



posted by 髪の法則 ヘアケア 抜け毛対策 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 皮脂の役割 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

PING送信プラス by SEO対策



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。