育毛シャンプー | 抜け毛対策 | ヘアケア | フケ症


カフェコロン |総合トップ|トップページ新着情報20世紀の出来事良香生活  

ヘアーカラーリングの種類

育毛シャンプー 抜け毛予防 ヘアケア
ヘアーカラーリングの種類

育毛シャンプーで髪をいたわる人は、ヘアーカラーリングに対してもその種類や髪への影響を知っておきましょう。


ヘアーカラーリング剤には医薬部外品にあたる染毛剤と、化粧品に分類される染毛料があります。
毛髪中で化学反応を伴い発色するものは薬事法で医薬部外品の染毛剤とされていて、酸化染料の量は有効成分ごとに使用時の上限濃度が設定されています。
酸化染料と、半永久染毛料に使われている酸性染料は別のもので、説明書きを見る際に注意が必要です。
染毛剤は永久染毛剤と脱色剤・脱染剤に分けられます。永久染毛剤はさらに、酸化染毛剤・非酸化染毛剤に分かれます。
酸化染毛剤はヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染め、おしゃれ白髪染めなどで、一度でしっかり染めあがり、2〜3ヶ月色持ちします。
主成分の酸化染料が毛髪中に浸透して、酸化した染料が毛髪中で結びつき発色し、色を定着させます。
ただし、人によっては配合染料でかぶれるので必ず毎回使用前にパッチテストが必要です。
非酸化染毛剤は、かぶれやすい人が白髪をしっかり隠すもので黒っぽい色のものしかなく、明るい色にはできません。
脱色剤は、毛髪の天然色素(メラニン)を脱色するもので、ヘアブリーチ、ヘアライトナーのことです。
脱染剤は、毛髪の天然色素(メラニン)・染毛による毛髪中の定着した色を脱色します。通称はデカラライザーです。
脱色剤・脱染剤は酸化染料が配合されていないので、かぶれることはほとんどありません。
染毛料は、半永久染毛料・一時染毛料に分けられます。半永久染毛料はヘアマニキュアやカラーリンスで、色持ちは2〜3週間です。
ヘアマニキュアは、1度の使用で酸性染料の一部が髪の内部まで浸透し染毛します。カラーリンス、カラートリートメントは使用していく間に酸性染料が髪の表層部に徐々に浸透して髪を染めていきます。ただし、永久染毛剤ほどの染着力はなく、毛質によっても異なります。
一時染毛料は洗髪などによって流れ落ちるヘアカラースプレーなどのことです。着色剤を毛髪の表面に付着させ、一時的に毛髪を着色します。
このようにカラーリング剤には様々なものがあり、かぶれなどのトラブルも多くあります。必ず、説明書きをよく読んで髪の状態に合わせて使用してください。育毛シャンプーなどと同様、髪に対する影響を知るのはとても大切なのです。


posted by 髪の法則 ヘアケア 抜け毛対策 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | ヘアカラーリングの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

PING送信プラス by SEO対策



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。