育毛シャンプー | 抜け毛対策 | ヘアケア | フケ症


カフェコロン |総合トップ|トップページ新着情報20世紀の出来事良香生活  

抗がん剤と脱毛の関係

ガン予防、対策に抗ガン漢方薬・天仙液!資料を無料でお送りしております。 Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

抗がん剤と脱毛の関係
育毛シャンプー 抜け毛予防 ヘアケア
抗がん剤治療や、頭部手術で髪を一時的・部分的になくすことは精神的ダメージが大きいものです。
ここでは、抗がん剤と脱毛の関係について説明します。

抗ガン剤治療のすべてがわかる本 (The Chemotherapy Guide Book)
抗がん剤はがん細胞だけ攻撃するわけではありません。
がん細胞は分裂・増殖の速度が速いため、抗がん剤は分裂の速い細胞を攻撃するように開発されています。
体の中にはがん細胞よりも分裂の速い、血液細胞、胃腸の粘膜、口腔粘膜、毛根の細胞などがあります。
そのため大量の抗がん剤投与で正常な細胞にダメージが起こります。このように、抗がん剤での脱毛は、このような理由で正常な毛根の細胞がダメージを受けて起こるのです。
脱毛は多くの場合、抗がん剤投与から2〜3週間後に始まります。そして、治療終了後3〜6ヶ月で髪が生えてきます。自由に髪をセットするにはさらに時間が必要です。
脱毛の範囲は、全体的、部分的、もしくは全く脱毛のない場合もあります。また、脱毛は毛髪だけでなく、体毛や眉毛、まつ毛などでも起きる場合があります。
脱毛は病気の進行ではありません。薬が病気を攻撃している証であるとの心の準備が大切です。
そして、このような脱毛の不安を解消するのが医療用のかつら・ウィッグです。
医師から予想される脱毛や抜け毛の程度の説明を受け、必要ならばかつらの購入を考えましょう。
脱毛対策として、育毛シャンプーや育毛剤などがありますが、抗がん剤の脱毛では帽子や医療用かつらなどが必要となります。
体が回復し元気になった時には、育毛シャンプーなどでしっかりと髪をケアしてください。


 


posted by 髪の法則 ヘアケア 抜け毛対策 記録の細道 at 18:25 | Comment(0) | 抗がん剤と脱毛の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

PING送信プラス by SEO対策



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。